あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-15]<カルト、新興宗教・思想への傾倒>新聞事件簿。心の危さにつけ込む

<アゴラ>人命尊重には、原子力は捨てられない

 
 <nikkei TRENDYnet>震災被災地で感じる被災地内外の“情報ギャップ”を埋める必要性 <産経新聞>東日本大震災:大川小の先生、最後まで教え子と…
5月12日(木)10時20分配信

 広島、長崎の原爆記念館に足を運んだ人なら、「原子力」問題で感情が高ぶる事は理解できる筈です。だからこそ、原子力問題は冷静に考える必要があるのです。
 にも拘らず、「地球上から真に核兵器を廃絶しようとするなら、平和利用も含めた核廃絶を実現する以外に道はない」とする「坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い」式の論議に賛同する人が多い現状は誠に残念です。
 始末が悪いのは、池田、藤沢両博士などが、化石燃料に比べれば「原発」が比較にならないほど安全で、安価であると科学的、具体的にに説明しても「原子力は怖い」と言う個人の「感情」と、それに迎合する「空気」には「理屈」が通用しない事です。それに加えて「人の生命を数字や経済の尺度で測る事自体」が怪しからんと言う論議があるかと思うと、センセーショナルな報道に迎合した政府までが「羹に懲りて膾を吹く」人気取り政策を打ち出すなど、原子力のあり方については全く噛み合っていません。
 そこで、「化石燃料」が「人命の敵」であり、「原子力」が「人命の味方」だと言う観点からこの問題を見たいと思います。
 「石油」と「原子力」の大きな違いは「石油」が戦争の要因であるのに対して「原子力」は、少なくとも現段階では、戦争の要因にはなっていない事です(「核兵器」は「戦争の手段」にはなっていても「戦争の要因」ではありません)。
 「石油」が要因となって失われてきた人命は、数十万の犠牲者を出しても止まないアフリカと中東地域の戦争だけでなく、地球温暖化や海洋汚染による人的被害も、石油が要因となっています。
 極論すれば、「石油」は世界最大の「凶悪殺人犯」だとも言えます。
 「人命」や「環境」が大切だと言うのであれば、エネルギー源を多様化し、化石燃料依存体質から一刻も早く脱すべきで、原発の技術改良と発展は、再生エネルギーの進歩と共に欠かせない条件です。本来なら、反核運動家や環境保全派が団結して「脱化石燃料運動」と「原発の技術改良運動」に取り組んでも不思議ではないのですが、これ等のグループから聞こえてくるのは「反核」一点張りなのが、理解できません。
 ある資料によりますと、年2回のCTスキャンで被曝する線量は、日本の原爆投下時の爆心地から2マイル(約3.2km)離れた場所にいた生存被爆者が被曝した線量とほぼ同等だそうです。
 この様に、使用法によっては凶器になりかねないCTスキャン装置ですが、保有台数で世界でトップクラスを誇る日本のCTスキャン安全対策は、福島原発以上のお粗末さです。欧米では分離独立が常識の放射線を用いた治療と画像診断の両者が渾然としている日本では、一般医師の教育、専門家の育成や診療体制水準は大きな遅れをとっています。
 最近のデータでは、国内の放射線治療施設は約600施設あるのに対し、放射線治療専門医は400人に満たないなど、ハードとソフトのミスマッチの酷さは目を覆いたくなる惨状で、量的には世界一を誇る施設の数も、その質はと言えば、欧米の基準に達した施設はわずか数施設に留まり、体制不備による国内での放射線過照射事故が続発していると言う事も耳にします。
 だからと言って、CTスキャン施設付近からの避難やCTスキャンの廃止を求めたと言う話しは聞きません。事故が起きるとセンセーショナルな報道で国民の不安を煽るマスコミが、大型事故が起こらかった事をいい事に、厚生労働省の放射線医療政策の不備には全く触れてこなかった事が不思議でなりません。
 それだけでなく、マスコミがこの問題で原発事故の報道と同じ様に国民を煽動したら、放射線医療は国民に忌避され、日本では救える命も救えなくなる危険すらあります。
 原子力発電所というと、核反応の制御に失敗した場合の結果の重大さもあり、その安全性への危惧から断固反対する人が多数存在する事は理解できます。然し、石油が要因で失われている人命の多さを考える時、核反応の制御を安全におこなう技術を進歩させる事はきわめて重要です。一方、核技術は核兵器の開発へとつながると言うややこしい側面は認めなければなりません。
 我々人類は、優れた科学技術を進歩させてきた反面、人間の心の問題の取り扱い方の進歩はかなり遅れています。国民が根拠もない風評に付和雷同したり、大量殺戮兵器だと知りながら政府が核兵器の開発をするのも、心の弱さが齎す弊害の一つかも知れません。
 最近流行の「安全と安心」をごちゃ混ぜにした標語も、日本の病の一つでしょう。個人の主観である「安心」を、政府が保障するなど何処の世界出も聞いた事の無い冗談話です。これは又、国民を子ども扱いにするものであり、国民を馬鹿にしています。一方、現在の生活水準を落さずに、世界の安全を高めるには、再生エネルギーと原子力の改良による発展は欠かす事が出来ない重要課題で、人命尊重には原発は捨てられません。



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-15]<カルト、新興宗教・思想への傾倒>新聞事件簿。心の危さにつけ込む
FC2 Blog Ranking
*Edit
   
  • 【<nikkei TRENDYnet>震災被災地で感じる被災地内外の“情報ギャップ”を埋める必要性】へ
  • 【<産経新聞>東日本大震災:大川小の先生、最後まで教え子と…】へ