あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-22] 継続情報<震災・地震/火山/氾濫>ストレスとトラウマ、命と心を守る

<nikkei TRENDYnet>「私を孤立から救ったのはUstreamだった。感謝です」――約550件の声でわかった「震災とSNS」(3)

 
 <在サンフランシスコ日本国総領事館>生活習慣の違い等に関する注意事項   <東洋経済オンライン>学校の放射能汚染、暫定基準に安住する政府、不安が増幅するばかりの福島県民
5月9日(月)11時5分配信


 日経トレンディ6月号(5月2日発売)の巻頭特集「Facebook&Twitter」に関連し、編集部では「東日本大震災で、FacebookやTwitterなどのSNSがどう使われたのか」を問うアンケートをTwitterやFacebook、30...
 日経トレンディ6月号(5月2日発売)の巻頭特集「Facebook&Twitter」に関連し、編集部では「東日本大震災で、FacebookやTwitterなどのSNSがどう使われたのか」を問うアンケートをTwitterやFacebook、300万人編集会議で募集。計547件の返答を頂いた(なお投稿1件当たり100円、計5万4700円を、日本赤十字社に寄付した)。

 6月号では、集まったアンケート回答を掲載している。だが、限られた誌面では掲載出来なかった回答も多い。そこで日経トレンディネットでは、寄せられたネットユーザーの声をわかりやすく構成、分析した「震災時のSNS利用の実像」を、3回シリーズで掲載する。(第1回はこちら、第2回はこちら)
 最後に問いかけた質問は、「震災時に、最も役立ったネットサービスを一つ選ぶとしたら何ですか? 理由も教えて下さい」だ。

「テレビのライブ配信は、永続的に続けてほしいサービスだ」
 「震災時に役立ったネットサービス」として挙げた人が多かったのは、やはりTwitterだった。第1回の質問でも多数の回答を頂いたが、改めて「Twitterが役立った」という回答が多く寄せられた。
 僕の場合はTwitterでした。友達に津波が来るのを教えて、実際避難して助かりました。奇跡です。停電中の情報収集がいかに難しいか…。
 Twitterです。震災直後は@NHK_PRのツイッターがホントに頼りになりました…(精神的にも)。地震、原発、放射能情報を提供して頂ける方を軒並みフォローし、後手後手の政府や東電発表よりいち早く情報を入手し、行動判断の材料にしています。今も。
 一番はやっぱりTwitter。交通情報はどんなサイトよりも速くて詳細。真偽は自分で判断する必要があるが、Twitterを見たら公式サイトは役に立たないと言ってもいいかも。それと家族の安否確認も、携帯よりもTwitterが一番早くつながった。
 またTwitterの次に目立っていたのは、「動画配信」や「グーグル」、「Skype」だった。
 特に「Ustreamやニコニコ動画で行われた、NHKやフジテレビ、TBSなどテレビのライブ配信に助けられた」という人は多い。
 Ustreamのテレビ中継が一番役に立ちました。(編集部註:ワンセグが付いていない)スマートフォンで、帰宅後も地震でテレビが棚から落ちて破壊されていたため、私の唯一のリアルタイム映像ニュースでした。あの放送がなかったら、完全に情報から孤立していました。感謝です。
 UstreamでのNHKニュースの配信です。おかげでテレビを使う必要が無くなり、iPhoneやノートPCといったワンデバイスで情報収集と発信ができました。永続的に続けて欲しいサービスでした。
 ニコニコ生放送。テレビがない我が家にとっては、NHKのサイマル放送は貴重な情報源となりました。また、各種会見のノーカット中継も、役に立ちました。

無編集の記者会見動画にも注目集まる
 今回の震災では、会社や家など「テレビは見られないが、ネットは繋がる環境にいる」というユーザーに対して、テレビの動画配信が役立ったことが浮き彫りになった。また「カナダにいながらにしてNHKなどの日本のテレビ番組を見ることができ、情報収集に役立った」という海外での体験談も寄せられた。
 役立ったのはテレビ番組の配信だけではない。「官房長官などの記者会見が、テレビとは違って編集なしで見られたのが役立った」という声も多数寄せられた。
ニコニコ動画のニコニコ生放送。原子力保安院、東電の会見を編集なしで生で見れる。
 個人的には「ニコニコ動画(生放送)」を挙げたいと思います。初期にはNHKテレビ映像や独自の視点の特集番組などを、今でも編集なしの政府や東電の記者会見などを配信されています。有益な情報(映像)提供をされていたと思います。
 Ustreamやニコ生(編集部注:ニコニコ生放送)。生中継される東京電力や官房長官記者会見で突っ込むフリーの記者さんたち。
 Twitterと同じく、動画配信も「マスメディアの伝えない情報を配信する」という役割も再認識されたといえよう。

「災害時に頼りになったのはグーグル」という声が相次ぐ
 今回のアンケートでは、「震災時にはグーグルが役立った」という回答が多く寄せられ、「ヤフーが役立った」という回答よりも多かった。理由の1つとして、グーグルが震災後すぐに立ち上げた安否連絡サイト「Google Person Finder」などの、震災特別サイトが挙げられる。
 1つとは厳しいですね。Google Person Finderですかね。一歩間違えば個人情報の問題に繋がりそうですが、安否確認できましたし自分が登録した情報を見て感謝の連絡をもらいました。安否情報を録音できなかった伝言ダイヤルはガッカリでした。
 全体的な情報収集にはTwitterが役に立ちましたが、一番感謝しているのはGoogleのPerson Finderです。全く連絡が取れず諦めかけていた石巻市の知り合いの無事を確認することができましたので。
 Googleの震災特別サイト。鉄道や東電、被災地の避難所や自治体のTwitterなど、ここにアクセスすればいちいち各HPを検索する手間が省けて、スピーディーに情報収集できたのでとても便利だった。

「被災地へ繋がる道は、Google自動車・通行実績情報マップで確認」
 アンケート回答を読んでいて意外だったのは、「Googleの地図サービスが役立った」という声も出てきたことだ。
 Googleマップなどの地図サービスはすでに日常生活に浸透しており、今さら注目を集めることはないだろうと思っていた。だが震災時には、徒歩帰宅のときの道案内になったほか、被災地の状況を調べたり、自動車の通行実績を見る上で威力を発揮したようだ。
 iPhoneで利用したGoogleマップ。銀座から中野駅経由で西武池袋線東長崎駅まで歩きましたが、17:30に出発して23:00に着くまで、電池が持ちました。
 Googleマップ。理由:安否確認関連で…、ピンポイントの地名では情報収集が難しく(自分は土地勘がないので)、周辺の地名を調べるのにGoogleマップを使った。
 最も役に立ったのは、Google自動車通行実績情報マップ。津波などで道が無くなってる中、被災地に繋がる道の情報は何よりもの命綱ですから。

これからは「緊急連絡用にSkype」が必須か?
 さらに「震災時では携帯電話がつながらなかったなか、すぐに連絡できたSkypeが最も役立った」という回答も多く寄せられた。スマートフォンユーザーは、SkypeのようにIP回線を使う通話アプリをインストールしておくと、災害時に役立つことが実証された形だ。
 携帯があまり繋がらない中、iPhone 4では3G回線を使ったSkypeが割とよく繋がり、家族間の安否確認に役立ちました。
 Skype。地震直後ケータイも固定電話も繋がらない中、各方面へ連絡することができました。
 Skype! ツイッターも非常に役立ちましたが、Skypeは使っていない人に対しても、IP網から公衆回線を経由して通話ができるところが便利でした。
 Skype、携帯電話会社の制限にもめげず、すんなり連絡できたから!
 もちろん携帯メールも重要。特に「市町村が配信するメールサービスが有益だった」という回答も目立っていた。普段は軽んじられがちかもしれないが、こうした地域密着型のサービスに登録するのも役立つだろう。
 停電から復活したらやっぱり携帯メール。スタッフ全員に連絡を取るには携帯が不可欠でした。仙台。
 市が配信する「安全メール」でした。通常時は火災や老人保護などに使われているものですが、計画停電予定や地震情報など地域に密着した情報が一番有益でした。
 携帯電話のメールです。停電でIT機器が使えなくなり、唯一携帯電話が使えました。情報はワンセグで得られたのですが連絡ツールとして使えた携帯メールは大変役立ちました。
 市の広報メールサービスです。浦安なので、市の対応情報がすぐにわかってとても助かりました。
 5月2日発売の日経トレンディ6月号では、「Facebook&Twitter」を題した45ページの大特集を掲載。今回寄せられた回答の一部を紹介しているほか、TwitterやFacebook、mixiなどソーシャルメディアの活用法や将来像について幅広く分析している。

(文/荒井 優=日経トレンディ)



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-22] 継続情報<震災・地震/火山/氾濫>ストレスとトラウマ、命と心を守る
FC2 Blog Ranking
*Edit
   
  • 【<在サンフランシスコ日本国総領事館>生活習慣の違い等に関する注意事項  】へ
  • 【<東洋経済オンライン>学校の放射能汚染、暫定基準に安住する政府、不安が増幅するばかりの福島県民】へ