あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-5]<虐待>新聞事件簿。隣の家の子どもは大丈夫?子どもを助けてあげて!

<読売新聞>情緒障害児の76%虐待経験…短期治療施設

 
 <読売新聞>避難所の不衛生、寒さ…震災関連死疑い282人 <産経新聞>東日本大震災1カ月 疑心暗鬼が生んだ「危機」 【喪失】(上)首都圏パニックは何だったのか
 全国に37か所ある情緒障害児短期治療施設(情短)の全入所者1128人(昨年11月時点)のうち、853人が虐待された経験を持つことが読売新聞の調べでわかった。
 被虐待児の割合は約76%と14年前に比べて倍増していた。アンケート調査への回答では、約7割の施設が職員不足を訴え、被虐待児への対応に追われた職員の疲労が目立つ。専門家は「体制見直しが必要」と指摘している。
 読売新聞が昨年11月~今年1月、37施設に電話での聞き取りとアンケートを行った。全国情緒障害児短期治療施設協議会などが1996年、当時の16施設を調べたところ、被虐待児の割合は約35%だった。
 本紙アンケートには21施設が回答。14施設が「職員不足」とし、自傷行為や児童間暴力などへの対処の難しさを訴えた。ある施設職員は「昔は集団治療が多かったが、今は個々の症状ごとに治療が必要で、施設はパンク寸前」と話した。
 児童相談所の一時保護を経由した児童が多いが、2009年度退所の約20人のうち、自宅に帰ったのは約4割。4割弱は児童養護施設へ移ったが、なじめずに逆戻りしたケースもあるという。
 行政に望む施策では、半数以上の施設が「職員配置基準の見直し、増員」に言及。入所者数に応じて行政が払う「措置費」の引き上げを求める声も多かった。

(2011年2月16日 読売新聞)



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-5]<虐待>新聞事件簿。隣の家の子どもは大丈夫?子どもを助けてあげて!
FC2 Blog Ranking
*Edit
   
  • 【<読売新聞>避難所の不衛生、寒さ…震災関連死疑い282人】へ
  • 【<産経新聞>東日本大震災1カ月 疑心暗鬼が生んだ「危機」 【喪失】(上)首都圏パニックは何だったのか】へ