あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-22] 継続情報<震災・地震/火山/氾濫>ストレスとトラウマ、命と心を守る

<産経新聞>東日本大震災 子供たちの心のケア できるだけ早く日常に近い生活を

 
 <日本小児科学会>障害のある子どもへの災害時対応の手引き宮本信也(筑波大学大学院人間総合科学研究科) <Business Media 誠>なぜ「自分のことしか考えない人」は嫌われるのか?
4月6日(水)7時57分配信

 新年度に入り、東日本大震災で被災した子供たちの学校再開を目指す動きが広がってきた。海外の震災救援を行ってきた専門家は「できるだけ早く日常に近い生活を」と、早期の学校再開を呼びかける。しかし、津波で大きな被害を受けた被災地では厳しいのが現状だ。未曽有の大災害に直面した子供たちや教員たちをどう支えていけばいいのか。(村島有紀)

 ◆ゲームや運動
 「子供自身が人を助けたり、役立ったりしたポジティブな体験を発信し共有することで、立ち上がる気力がわき上がってきます」
 約200人が死亡・行方不明になるなど大きな被害を受けた宮城県多賀城市。3月19日に市教育委員会で開かれたミーティングルームで、教師ら約20人は英国在住のウニ・クリシュナンさん(インド国籍)の話に耳を傾けた。
 クリシュナンさんは途上国の子供たちを支援する国際NGO「プラン」(本部・英国)の医師。昨年のハイチ地震などで子供たちの心のケアに当たった災害対策の専門家だ。同教委と連絡を取り、今月21日の学校再開に向けてアドバイスした。
 クリシュナンさんによると、子供たちに必要なのは、安心できる人間関係▽温かい食べ物▽学校▽楽しく過ごせるゲームや運動といったアクティビティー▽日常に近い生活リズム-という。学校再開が遅れても避難所で友人と一緒に勉強したり、遊びの時間を設けたりすることで、心理的負担を軽減できるとする。
 多賀城市では、避難所となっている文化センター1階に子供がくつろいだり遊んだりできるスペース「こどもランド」を設置。避難所の一角に敷物を敷き、子供たちは他の避難者に気兼ねなく寝ころんだり、ゲームをしたりできる。ボランティアによる読み聞かせなども行われている。
 3月29日に物資を届けたプラン日本事務所(東京都世田谷区)の久保田恭代さんによると、子供たちはノートや鉛筆といった文具をとても喜んだという。
 「子供には思い切り遊び、表現する場が必要。一時は(福島第1原子力発電所の)原発事故の影響で『外で遊んではいけないよ』と言われたこともあり、フラストレーションがたまっていたようだ」と話す。

 ◆教師も被災者
 一方、死亡・行方不明者が5千人以上の同県石巻市では、児童生徒の安否、市外へ避難した児童生徒の把握ができていない。市教委によると、公立小中学校の始業式は今月21日と決まったものの、津波で使えなくなった校舎の代替地を探している状況だ。
 3月27日に石巻市内の避難所となっている中学校に文具や生活用品を届けた久保田さんは「一番身近な大人である先生たちも、延期になった私立高校の2次試験に臨む生徒のサポートや避難所の運営などで多忙を極め、家族と十分会うこともできない状況」と報告。「先生たちも被災者で、子供たちの心の変化を読み取るほどの余裕がない」と、教員たちのサポートの必要性を訴える。
 文部科学省は、全国の教育委員会に短期的に応援の教職員派遣が可能かどうか検討している。子供たちにはスクールカウンセラーを派遣することで心のケアを行い、教員の負担を軽減したいとしているが、教員の加配など本格的な支援は「4月補正予算の成立後」(同省)。子供たちと同時に教員を含めたサポートが急がれている。



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-22] 継続情報<震災・地震/火山/氾濫>ストレスとトラウマ、命と心を守る
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<日本小児科学会>障害のある子どもへの災害時対応の手引き宮本信也(筑波大学大学院人間総合科学研究科)】へ
  • 【<Business Media 誠>なぜ「自分のことしか考えない人」は嫌われるのか?】へ