あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-22] 継続情報<震災・地震/火山/氾濫>ストレスとトラウマ、命と心を守る

<夕刊フジ>テレビ局スタッフもPTSDに…報道映像がトラウマ

 
 <京都新聞>世代問わず“疑似体験”で心身不調 京でも注意を印刷用画面を開く <J-CASTニュース>被災していないのに体調不良 衝撃映像で「急性ストレス障害」?
3月28日(月)16時57分配信

 街や車が津波にのみ込まれ、住民の生活の営みが一瞬にして消失した東日本大震災。被災地以外でも繰り返し見た視聴者のPTSD(心的外傷後ストレス障害)が問題視されている。

 「テレビの映像が過激すぎるという視聴者の声をいただき、映像の編集にはかなり気を遣っています。ニューヨークの9・11テロの際も飛行機がビルに突っ込む場面が繰り返されたため、後に精神科医や心理カウンセラーを訪れる人が増えたと特派員から聞いています。3・11の映像も忘れられない衝撃でした」
 こう明かす民放報道局デスクが、さらに顔を曇らせた。
 「実はテレビ局内でもPTSDが問題視されているんですよ…。取材した映像素材の中には、多数のご遺体など悲惨さを極めた映像もあります。東京で編集するスタッフの間に体調不良を訴える者が出てます」
 東京のキー局には、系列局が撮影した映像、視聴者提供の映像など、おびただしい映像が集まっている。
 「大きなモニターでよく確認すると、津波に流された方が映っている。車の中から助けを求めている人が映っていても、どうすることもできなかった思いにショックを受け、編集業務から外れた女性スタッフもいます」
 こうした中、テレビ各局は新年度を迎えている。「4月からの改編への対応や新番組の制作発表会見などができない、めちゃめちゃな状況」(編成マン)。一昨年の政権交代以降、労働基準局から指導されていた「月間約230時間以内に」という労働時間の制限も事実上吹っ飛んでしまっているという。体調はへとへと、そこにフラッシュバックする悲惨な映像。
 「報道局は臨戦態勢でやっていますから、スタッフの異変への対応も個別にしかできていない。いずれ、ひと段落したら、PTSDへの対策が急務になる」(先の報道デスク)
 撮影する側でさえ、これだけのショックを受けるのだから、被災者の心のケアが何より大切なのは言うまでもない。



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-22] 継続情報<震災・地震/火山/氾濫>ストレスとトラウマ、命と心を守る
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<京都新聞>世代問わず“疑似体験”で心身不調 京でも注意を印刷用画面を開く】へ
  • 【<J-CASTニュース>被災していないのに体調不良 衝撃映像で「急性ストレス障害」?】へ