あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-14]<薬物・環境汚染。依存>新聞事件簿。快楽中枢を刺激、心身を脅かす物質

<西日本新聞>2月上旬の霞、大陸からの汚染物質 微粒子が濃度10倍に 九大応用力学研究所が発表

 
 <読売新聞>福岡もやの原因、中国の大気汚染物質の可能性 <毎日新聞>越境大気汚染 西日本でかすみ 急増の微粒子、中国から
2011年2月17日 20:48

 九州を含む西日本一帯で2月3日から1週間にわたって続いた大気がかすんだ状態について、九州大学応用力学研究所(福岡県春日市)は17日、中国から偏西風で流されてきた大気汚染物質が原因の可能性が高い、と発表した。
 同研究所の竹村俊彦准教授(気象学)が春日市で観測したところ、3―9日ごろにかけ、大気中にただよう直径0・3マイクロ・メートル程度の微粒子の濃度が急増。大気1リットル中に約50万個を計測し、通常の約10倍の濃度になっていたという。
 竹村准教授によると、微粒子は化学燃料の消費に伴って発生する硫酸塩やすすだった。微粒子による「越境大気汚染」は約10年前から確認されていたが、これまでは2―3日の発生周期が多く、1週間継続する事例は「経験がない」という。
 微粒子は肺から血中に入り、呼吸器やアレルギーの疾患を引き起こすこともあるという。竹村准教授は「春にかけ、越境大気汚染は発生頻度が高くなる。空がかすんでいると感じた場合、できるだけ屋外の活動を控えてほしい」としている。





もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-14]<薬物・環境汚染。依存>新聞事件簿。快楽中枢を刺激、心身を脅かす物質
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<読売新聞>福岡もやの原因、中国の大気汚染物質の可能性】へ
  • 【<毎日新聞>越境大気汚染 西日本でかすみ 急増の微粒子、中国から】へ