あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-1]<DV・虐待・性暴力被害データ。支援・対応の現状>新聞事件簿。

<朝日新聞>施設入所の子、5割が父母からの虐待経験 厚労省調査

 
 ドメスティック・バイオレンス(DV)と心身の健康障害  加茂登志子(東京女子医科大学附属女性生涯健康センター) <朝日新聞>子への虐待 早期認識を (山梨県立人間福祉学部教授 西澤哲) 
2009年7月14日

 親と離れて児童養護施設などで暮らす子どものうち、約5割が父母らに虐待された経験があることが13日、厚生労働省の児童養護施設入所児童等調査でわかった。5年ごとの調査で、虐待経験を調べたのは初めて。
 08年2月1日現在、入所や里親委託の児童は全国で4万1602人。03年の前回調査より3284人増え、1970年以降初めて4万人を超えた。このうち育児放棄や暴力など、虐待された経験がある子どもは約2万1千人いた。
 施設別では、心理療法の必要度が高い子どもが入る情緒障害児短期治療施設(入所者1104人)が72%と最多。非行児童のための児童自立支援施設(1995人)は66%、主に2~18歳が暮らす児童養護施設(3万1593人)は53%、主に0~1歳を養育する乳児院(3299人)と、里親家庭(3611人)がいずれも32%だった。
 入所や里親委託の直接の理由で最も多いのも「虐待」で、33.9%(前回比5.5ポイント増)。「母の精神疾患」「経済的理由」「母の行方不明」などが続いた。
 また、障害のある子どもは前回より2295人増の1万588人で、4人に1人の割合だった。障害がある場合、養育の負担が大きく、虐待につながる可能性があると指摘されている。

 柏女霊峰(かしわめ・れいほう)・淑徳大教授は「虐待され、心に傷を負った子どもは、周囲の人々と関係をうまく築けなかったり、特定の施設職員を怒らせるような言動をしたりする。特性を踏まえた専門的な援助が必要だ」と話している。



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-1]<DV・虐待・性暴力被害データ。支援・対応の現状>新聞事件簿。
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ドメスティック・バイオレンス(DV)と心身の健康障害  加茂登志子(東京女子医科大学附属女性生涯健康センター)】へ
  • 【<朝日新聞>子への虐待 早期認識を (山梨県立人間福祉学部教授 西澤哲) 】へ