あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-9]<ハラスメント・体罰(暴行・傷害)>新聞事件簿。優越感充足、構造的暴力

<週刊金曜日>JR西日本社内で「性暴力事件」

 
 <産経新聞>布の上におかず移し 児童に食べさせる 出雲の小学校教諭 島根 女性に対する暴力のない社会を目指して(答申)
2月9日(水)19時27分配信

 JR西日本社内で起きた、障がいを持った女性社員に対する性暴力事件(レイプ事件)が裁判になっている。
 一月二一日、その控訴審第二回口頭弁論が開かれ、被害者の里美さん(下の名前のみ公開)の意見陳述が行なわれた。
 訴状などによれば、里美さんは「脳性まひ・障害1級」の重度障がい者。二〇〇六年に障害者雇用促進法によってJR西日本に一年単位の契約社員として採用された。
 事件が発生したのは、〇七年の一一月二二日、社員旅行の帰りだった。上司であるAによってホテルに連れ込まれ関係を強要された。Aは事件後「しゃべったら次の契約はないぞ」と口止めしながら、関係を継続することを強要したという。里美さんが、障がいを持った契約社員だという弱い立場に付け込んだ卑劣な行為だった。それから数カ月、里美さんは一人で苦しみ続けたが、意を決して会社のセクハラ相談室に相談した。ところが、セクハラ相談とは名ばかりで、里美さんの要求した証人からは聴取せず、性暴力はなかったと結論づけた。逆に、それを契機に職場で組織的ないじめが始まったという。
 里美さんはAだけでなく会社も裁判所に訴えた。神戸地裁龍野支部は一〇年六月、性暴力はなかったという判決を下した。事件後、里美さんとAとの間で交わされたメールが一見親しげに見えることから、二人は恋愛関係にあり、強制はないと結論づけたのだ。
 多くの障がい者と同様、里美さんも養護学校で「健常者に可愛がられる障がい者になれ」という処世術を教え込まれており、Aに対して一見親しげに見えるメールを送ったのも、その方が自分の身を守れると判断したからである。契約更新の保証がない不安な状況の中での行為だったと反論した。
 加害側の再反論は、学者意見書等で、メールに証拠価値があるとするものだ。
 里美さんは大阪高裁に控訴するとともに、市民に対しても支援を訴えた。次回期日は四月二七日で結審予定とされている。
 尚、里美さんの支援者は署名運動を呼び掛けている。問い合わせはメールアドレス gen1951@nifty.com高見まで。
(高見元博・ライター、1月28日号)



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-9]<ハラスメント・体罰(暴行・傷害)>新聞事件簿。優越感充足、構造的暴力
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<産経新聞>布の上におかず移し 児童に食べさせる 出雲の小学校教諭 島根】へ
  • 【女性に対する暴力のない社会を目指して(答申)】へ