あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-11]<家族問題。親殺傷・ひきこもり。性同一性障害>新聞事件簿。どう向合う

<時事通信>中学でも女子扱い=性同一性障害の小6男子=地元教委に対策チーム・兵庫

 
 被虐待体験を有する児童及び青年の精神医学的症状-長期反復的トラウマへの暴露の影響を中心に 肥田明日香(筑波大学人間総合科学研究科)  <ナショナルジオグラフィックニュース>神経回路のマップから脳内ネットワークの“コア”が明らかに
12月4日(土)4時19分配信

 兵庫県在住で心と体の性が一致しない「性同一性障害」(GID)を抱える小学6年の男子児童(11)が来春、女子生徒として中学校に入学することが4日までに明らかになった。男子児童は既に小学校で女子として生活しており、中学校でも延長される形だ。
 地元の教育委員会によると、周囲の児童・生徒が知らされないまま、小中学校を通じ、男子が女子として扱われるのは珍しいという。
 男子児童の中学入学に向け、地元の教委は9月、主治医や学校関係者と対応を協議。小学校と同じようトイレなどを女子用にする方針を決めた。11月にはGIDの児童や生徒の対応を考える「GID支援対策会議」や、現場での具体的支援を担う「サポートチーム」も発足した。
 ただ、中学生になれば体つきが変わり、外見上の性差が顕著になってくるため、配慮する場面は増える。男子児童は小学校の水泳の授業で、女子用水着を着ていた。しかし、中学校ではどうするか未定としており、具体的な対応は今後の課題となっている。



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-11]<家族問題。親殺傷・ひきこもり。性同一性障害>新聞事件簿。どう向合う
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【被虐待体験を有する児童及び青年の精神医学的症状-長期反復的トラウマへの暴露の影響を中心に 肥田明日香(筑波大学人間総合科学研究科) 】へ
  • 【<ナショナルジオグラフィックニュース>神経回路のマップから脳内ネットワークの“コア”が明らかに】へ