FC2ブログ

あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-20]<ことば>プレス。道徳・教養、思考。心の肥やしを「知識のひきだし」に

<AFP=時事>ナチス強制収容所の元警備員をドイツに強制送還、米司法省

 
 <CNN.co.jp>全住民がワクチン接種へ、世界初か 人口約800人の英領アセンション島 <NEWSポストセブン>スマホ依存による脳疲労の危険性 記憶力は低下、集中力も失われる
2/21(日) 13:40配信

 米司法省は、ナチス・ドイツ(Nazi)の強制収容所の元警備員(95)をドイツに強制送還したと発表した。
 フレドリック・カール・バーガー(Friedrich Karl Berger)元警備員は米テネシー州で生活し、ドイツ国籍を保持していた。米司法省は強制送還の理由について、バーガー元警備員が1945年にノイエンガメ(Neuengamme)強制収容所の武装警備員として「ナチス主導の迫害」に加担していたためだと説明した。
 1959年から米国在住だったバーガー元警備員の強制送還は、司法省の移民担当判事が昨年3月に命じていた。この時レベッカ・ホルト(Rebecca Holt)判事は、「劣悪な」状況に置かれた収容者らが「極度の疲労や死に至るまで」酷使された独メッペン(Meppen)近郊の従属収容所に、青年時代のバーガー元警備員が配置されていたと指摘した。
 記録によると、ノイエンガメ強制収容所では4万人を超える収容者が死亡した。バーガー元警備員は収容者らが過酷な扱いを受け、死者も出ていたことは知らなかったと述べていた。
 独北部ツェレ(Celle)の検察当局によると、バーガー元警備員は20日に送還され、取り調べが行われるフランクフルトに到着した。独検察当局は昨年12月、証拠が不十分としてバーガー元警備員に対する訴追を取り下げており、裁判が行われるかどうかは現時点で不明。ただ、バーガー元警備員が自身の嫌疑について話す意思があれば、裁判が行われる可能性もある。
 米政府は1979年、ナチスの残党を突き止めることを目的に、司法省内に特別調査室(OSI)を設けた。同省の20日の発表によると、これまでに109人に対する法的手続きで勝利したという。OSIの室長だったイーライ・ローゼンボーム(Eli Rosenbaum)氏は昨年AFPに対し、戦争体験者が減っている現状を踏まえるとバーガー元警備員の強制送還は米国で「最後の事例になる可能性が高い」との見解を示していた。【翻訳編集】 AFPBB News

関連記事



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-20]<ことば>プレス。道徳・教養、思考。心の肥やしを「知識のひきだし」に
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<CNN.co.jp>全住民がワクチン接種へ、世界初か 人口約800人の英領アセンション島】へ
  • 【<NEWSポストセブン>スマホ依存による脳疲労の危険性 記憶力は低下、集中力も失われる】へ