あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-11]<家族問題。親殺傷・ひきこもり。性同一性障害>新聞事件簿。どう向合う

<毎日新聞>性分化疾患:未成年3000人 04年以降受診、学会が初の調査

 
 <毎日新聞>性分化疾患:乏しい支援 「男か女か、自分は何者?」 成人患者が苦悩 <毎日新聞>境界を生きる:続・性分化疾患/5止 「独りじゃないよ」呼び掛け
 染色体やホルモンの異常により男女の判定が難しい性分化疾患で、04年からの5年間に小児科などを受診した未成年者が少なくとも3000人いることが日本小児内分泌学会などの実態調査で初めて分かった。性分化疾患は医療者の間でも理解が不十分なため不適切な性別判断などが後を絶たないが、同学会は国内の患者数が決して少なくないことを踏まえ、医療の質向上を進めたい考えだ。

 性分化疾患とは、性器や性腺(卵巣、精巣)、染色体の性別があいまいだったり、異なって生まれてくる疾患の総称。調査では、これらの疾患を診ることの多い小児科などの医師約1900人に04年1月から約5年間に診察した患者数を尋ねたところ、回答した医師の勤める504医療機関で1727人が受診していた。回収率などを基に推計すると、国内での受診者は0歳~10代で約2900~3000人、成人を含めると最低でも5000~6000人になった。

 ただし、小児期には見つかりにくい疾患があるうえに、他科を受診したり本人だけで抱え込んでいる人もおり、調査に携わった医師からは「実際の患者数はこの数倍はいるのでは」との声もある。【丹野恒一】

毎日新聞 2010年10月10日 東京朝刊




もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-11]<家族問題。親殺傷・ひきこもり。性同一性障害>新聞事件簿。どう向合う
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<毎日新聞>性分化疾患:乏しい支援 「男か女か、自分は何者?」 成人患者が苦悩】へ
  • 【<毎日新聞>境界を生きる:続・性分化疾患/5止 「独りじゃないよ」呼び掛け】へ