あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-12]<いじめ・差別・貧困>新聞事件簿。傷ついた子どもの悲鳴

<中日新聞>【いじめと生きる】第5部・「加害者」たちの歳月 (5)謝罪・・13年前

 
 <中日新聞>【いじめと生きる】第6部・@ネット (1)闇からの中傷 <中日新聞>【いじめと生きる】第5部・「加害者」たちの歳月 (4)ただ一度・・38年前
2007年5月2日

清輝君の遺影に向き合う父親の大河内祥晴さん


乏しい罪の意識 父は変化待った
 自分をいじめていたあいつと街で出くわした。懐かしそうに笑顔で声をかけてきた。ぼくは、目をそらせて無言で立ち去った。あいつは不思議そうな顔をしていた-。

 昨年九月、愛知県西尾市の大河内祥晴(60)の家を訪ねてきた宮城県の男子大学生(20)は、そんな最近の苦い“再会”について話した。そして、悔しそうにつぶやいた。

 「殺してやりたい。あいつは、ぼくのつらさを今も全然わかっていないんだ」

 祥晴によれば、その大学生がいじめを受けたのは中学の三年間。高校では、いじめはなかったが、今度は「ならばなぜ中学で、いじめられる必要があったのか」などと悩み、大学進学後も不安定な状態が続いていたという。

 祥晴は一九九四年、中学二年生だった二男清輝=当時(13)=を、いじめを苦にした自殺で失っている。以来、その経験をふまえ、全国の子どもたちからの相談にボランティアで応じてきた。

 あの大学生は祥晴宅に二泊して帰った。その二週間後、自らの命を絶った。

 彼だけではない。祥晴がこれまでに会ってきたいじめ被害者で、加害者から謝罪されたと聞いた例はほとんどない。その意味では、息子の清輝をいじめた加害者は珍しいケースかもしれない。当時少年だった四人のうち三人は、二十代半ばになった今も仏壇を参りに来る。

 彼らは清輝の自殺直後には「おもしろかったから(いじめた)」と答え、約一カ月間、自分たちの行為を説明する文章を毎週書いて持ってきたが、祥晴が読んで感じたのは罪悪感の乏しさと、「こんな淡々と書けるのか」というやるせなさだけだった。

 ところが、二カ月たつと、一人が「警察に話していないことがありました」と打ち明けてきた。彼らは次第に素直に話し始めた。高校や専門学校に通う間、月命日には親と一緒にお参りにきた。

 「(四人を)なぜ家に入れるんだ。清輝君はそんなこと望んでないよ」と抗議の電話も入った。祥晴にも、彼らを許せないという本心は当時も今もある。そして、言葉による謝罪で心に響くものは、十三年たつ今も、実は、一つとしてない。

 それでも受け入れてきたのは、彼らの変化を信じたからだ。今、霊前に長く座り、じっと合掌している姿を見ていると、「過去の行為と向き合い、清輝に語りかけてくれている」と感じる。

 四人は就職し、二人は結婚して子どもがいると聞いた。「子どもは大事にしないといかんよ」と祥晴が言うと、深くうなずいていたという。

 四人は、いずれも取材には応じてくれなかった。ただ、家族によると、そのうちの一人は数年前、いじめ自殺のテレビ報道を見ながら、こう漏らし、ため息をついていたそうだ。「いじめ、いつまでもなくならんね」

 祥晴は、思う。自分を訪ねてくるいじめ被害者の多くが、そのつらさを分かってほしい一番の相手は、本当は「自分をいじめた相手」なのではないか。あの大学生だって、多分…。

 謝られて、過去のつらさが清算できるわけでも、めちゃくちゃにされた時間を取り戻せるわけでもない。「でも、それでほっとできる。(つらさを)わかってもらえたと納得できて、ようやく次のスタートへの心の整理が、少しずつだけどできていくんだと思うんです」 (文中敬称略)

 =第5部おわり

 【加害者の謝罪はまれ】 いじめ問題に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」の武田さち子理事(48)によると、加害者が罪を認めて真摯(しんし)に謝る例は極めて少ない。周囲の大人たちの言動にひきずられるのが、その主な理由だという。「管理責任を問われる学校が事実を隠し、親が被害者の非を言い立てて自分の子を正当化する。そのため、はじめは反省を見せていた加害者の子は『自分は悪いことをしていない』『周りの大人がうそを守ってくれる』と思いこんでしまう」




もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-12]<いじめ・差別・貧困>新聞事件簿。傷ついた子どもの悲鳴
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<中日新聞>【いじめと生きる】第6部・@ネット (1)闇からの中傷】へ
  • 【<中日新聞>【いじめと生きる】第5部・「加害者」たちの歳月 (4)ただ一度・・38年前】へ