あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-12]<いじめ・差別・貧困>新聞事件簿。傷ついた子どもの悲鳴

<中日新聞>【いじめと生きる】第5部「加害者」たちの歳月 (1)後悔・・22年前

 
 <中日新聞>【いじめと生きる】第5部「加害者」たちの歳月 (2)続・後悔・・22年前 <中日新聞>【いじめと生きる】第4部・「科学的」に考える (8)時間 とりあえず「明日」 脳は「気が変わる」
2007年4月28日

激しい自責の念 会って謝りたい
削りカスを頭からかけたこともあった


 昨年十一月初め。三重県の女性会社員(34)は思わず、近くにあったチラシの裏に、思いを書きつけ始めていた。「ごめんなさい、本当にごめんなさい」…。自然に涙がこぼれてきた。

 岐阜県瑞浪市の女子中学生のいじめ自殺をはじめ、ちょうど連日のように、いじめ問題が大きく報じられていたころ。「嫌な記憶を思い出し、つらかった。誰かに打ち明けたかった」。家族にすら口にしたことがなかった、いじめ加害の告白。チラシはそのまま、ファクスで、中日新聞あてに送信された。

 今とは別の県で暮らしていた小学校六年生のときだから、もう二十二年も前になる。五人の仲良しグループで同じクラスの一人の女の子をいじめていた。女性はリーダー。いじめの中心にいた。

 相手は、両親の事情で、児童養護施設で暮らしていた少女。おとなしくて、まじめ。これといって、いじめるきっかけがあったわけではない。

 あえて言うなら、一学期の始業式の日、にこりと笑いかけられたこと。仲間に入りたそうなそぶり、に見えた。それが「うざかった」。

 きれいなレースの襟付きブラウスが「かわいい女の子」の象徴のひとつだったあのころ。少女の服はいつも地味。とりわけ成績が良いわけでも、スポーツが得意なわけでもなかった。

 明るくて、クラスでも目立つ存在だった、という女性にとっては、その少女は、仲間に入れたら「グループのレベルが下がる」存在に思えた。

 放課後、みんなで少女を取り囲み、頭の上で鉛筆を削って、削りカスの“雨”を降らせた。トイレ掃除のときには、汚物入れの中のものを投げつけた。自分の妹をけしかけ、木の棒につけた犬のふんを少女に突きつけ「食べろ」と迫らせたことも…。

 いじめられるとその子は、ぽろぽろと大粒の涙をこぼした。鼻水をすする音に「きったなぁーい」と笑った。

 いつからだろうか。しばしば、あの泣き顔をはっきりと思い出すようになった。大抵は夜。いじめに関するニュースを見聞きした日なんかは決まって。子どものころそのままの大粒の涙。今は、笑えない。

 「もし、私だったら『死にたい』と思ったかもしれない」。四半世紀近くがすぎた今、女性はそう振り返る。「私はあの子の人生をめちゃくちゃにしてしまったんじゃないか…」。激しい後悔と贖罪(しょくざい)の念にかられ、涙があふれる。

 せめて投書が新聞に載れば、「この苦しさから逃れられるかも」。そう思ってファクス番号をダイヤルした。

 そして「できることなら、会って謝りたい」と。

 だが、知っているのは小学校を卒業するとき、施設を出て、親元へ引き取られていったということだけ。その後の消息は不明だ。今、どこでどうしているのか…。

 取材班で当時の関係者に当たってみた。何とか、彼女を引き取った母親の名前が分かり、やがて、施設から転出した先の住所も判明した。周辺を歩き消息を追ったが、住んでいたと思われる建物も廃屋のようになっており、手掛かりはなかった。

 あきらめかけた時、思いがけなく、彼女を知っているという人がみつかった。もう、そのまちには住んでいなかった。 (つづく)

 【いじめた後の気持ち】 大阪樟蔭女子大の森田洋司学長らが1997年に小中学生を対象に聞いた調査によると、「悪いうわさ・落書き」などのいじめをした加害者の場合は「(被害者は)いじめられて当然」が30%いた半面、「嫌な気持ち」(27%)「かわいそう」(26%)と罪悪感を示した者も多かった。「金品をとる」など犯罪的な加害の場合では「面白かった」(35%)がトップだった。

     *

 いじめは被害者はもちろん、加害者の人生にも時として深い傷を残す。年を経るごと、罪悪感を募らせ、謝罪したいと願う者。ほんの小さな加害を一生の重荷とする者もいる。半面、おざなりの謝罪で被害者との溝を深めるケースがあるのもまた事実。連載第五部では、幾人かのいじめ加害者たちの歳月を追う。

 (取材班・島田佳幸、酒井和人、辻渕智之)




もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-12]<いじめ・差別・貧困>新聞事件簿。傷ついた子どもの悲鳴
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<中日新聞>【いじめと生きる】第5部「加害者」たちの歳月 (2)続・後悔・・22年前】へ
  • 【<中日新聞>【いじめと生きる】第4部・「科学的」に考える (8)時間 とりあえず「明日」 脳は「気が変わる」】へ