あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-11]<家族問題。親殺傷・ひきこもり。性同一性障害>新聞事件簿。どう向合う

<産経新聞>中学までの体験の豊かさが思いやり、やる気につながる 青少年調査

 
 <産経新聞>「家族にまとまりない」 児童買春、出会い系・・性的被害の少女 愛知県警調査 <産経新聞>子供時代の手伝いや自然遊び体験が結婚に有利 アンケートで判明
産経新聞 10月14日(木)11時34分配信
 国立青少年教育振興機構の調査では、幼少から中学生までに動植物の世話や地域活動、家事手伝いなどの体験をした高校生ほど、思いやりややる気などの意識が高いという結果も出た。自然に触れる体験や家事手伝いなどの教育効果が実証された形だ。

 同機構は、成人と同じように全国の高校2年生2844人を調査。それぞれ体験の多いグループ、中間的なグループ、少ないグループに3分類し、それぞれの意識を集計した。

 「友達の幸せを知ったら、うれしくなる」と答えた高校生は、「動植物の世話」体験が多いグループでは77%だったが、少ないグループは68・9%。また、「何でもチャレンジしたい」と答えた高校生は、地域の子供たちと遊んだ経験が多いグループでは71・2%だったが、少ないグループでは53%だった。

 同機構では、小中学生に対する意識調査も行ったが、その結果、体験豊かな子供の方が携帯電話を持っている割合が1割ほど低いという結果も出た。ただ、高校生では、ほとんど差がなかった。

 一方、自然体験を体験する小中学生は約10年前と比べて減少傾向で、「チョウはトンボなどの昆虫をつかまえた」は59%、「海や川で泳いだ」は70%で平成10年度の調査と比べるとそれぞれ約20ポイント減少した。半面、買い物や掃除などの「お手伝いをいつもする」割合は増加傾向を示した。



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-11]<家族問題。親殺傷・ひきこもり。性同一性障害>新聞事件簿。どう向合う
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<産経新聞>「家族にまとまりない」 児童買春、出会い系・・性的被害の少女 愛知県警調査】へ
  • 【<産経新聞>子供時代の手伝いや自然遊び体験が結婚に有利 アンケートで判明】へ