あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-2]<DV(離婚後のストーカー行為含)>新聞事件簿。身近な女性を救おう!

<PJニュース>C-PTSDという病気 DVの深刻な後遺症

 
 <PJニュース>DVの最新事情-払われない慰謝料 <産経新聞>「もっと働けクズ!」殴る蹴る 妻から夫へのDV多発
2005年05月09日16時38分 / 提供:PJニュース

 DV(ドメスティック・バイオレンス)については、2002年に法律が制定され、昨年は一部が改定された。法律は整備されてきて落ち着いてきているように見られるものの、深刻な現状と乖離しているという声もよく聞かれる。今回より5回連続して、DVの最近の事情をリポートする。

第一回の今回は、「C-PTSD」という病名について 
 このニュースをごらんの皆様は、ほとんどが「PTSDなら知っているけど、C-PTSDはきいたことがない」という感想だろう。それもそのはず、この病気が病気として認知されだしたのはごくごく最近のことなのだ。
 ご存知のように、PTSDとは、阪神淡路大震災やスマトラ沖地震津波・そして尼崎線の脱線事故のような大きな災害で、周囲の多くの人が死亡し、自分もいつ死んでもおかしくない、というような強烈な体験をした人が、その後もその恐怖の影響を受け、時には生活が困難になるという症状だ。
 これに対して、DVの場合、被害者には大きな災害経験に相当するものはない。肋骨を折ろうと、精神的に「死ぬかと思った」と言っても、実際には「死亡に至るほど危ない状態ではなかった」と判定されることが多い。にもかかわらず、DV被害者は、暴力や言葉の暴力やそのほかの方法で、無気力化させられてゆく。なかには、ノイローゼになって自殺する女性も相当多数いるのが現状である。当然ながら自殺に追い込んだDV加害者は、罪を問われることもなく生活をしている。
 この病的な精神状況を、以前はPTSDとして説明する場合が多かった。ところが、最近は裁判所がPTSDと認めなくなってきている。前述の通り、「死ぬほどの暴力ではないのにPTSDと認定するのはおかしい」という見解である。
 そこで、DV被害者の精神状況を説明する病名として、C-PTSDという病名が使われるようになってきている。C-PTSDの状況を理解するには、数年前の「新潟少女監禁事件」を思い出すと良い。典型的な例である。脅かされ、スタンガンを突きつけられて、「自分は逃げられない、逃げても助けてもらえるわけがない。逃げれば殺される。」そう思い込んでしまう。
 客観的には死亡に至るような暴力は受けていない。でも、当の少女は、精神状態を回復させるのに、多大な年月を必要としている。そして、多分、今でもその近辺には行きたがらないだろうし、加害者の顔を見たら、一挙に精神状態が後退してしまうだろう。C-PTSDとは、かくも恐ろしい心の病なのである。
 C-PTSDの症状について少し説明しよう。名前の通りC-PTSDはPTSDから派生した病名であり〔CはConbined(複合)の略〕、PTSDに非常に似た症状を示す。生活全般においてはうつ症状を示すとともに、極端な自己否定、加害者への極端な畏怖(いふ)=フラッシュバックも含む、自分の生きる意味の完全な喪失などが強く現れる。
 DV被害者は、程度の多少はあれ、みんなC-PTSDで苦しんでいる。まず、逃げ出すことができない。「自分はダメな人間だからひとりで子どもを育てていくことなどできない」「前夫に連れ戻されてもっとひどい目に合わされるに決まっている」。逃げ出せない女性の多くがこう訴える。多くがDV加害者に言われた言葉のオウム返しだ。
 逃げ出した被害女性が前夫から居所を隠して完全蒸発しようと試みるのも、前夫に知られていると思うだけで平穏な生活ができないという恐怖感からくるものだ。前夫に似た人、前夫の愛用者と同型の車、極端なところでは前夫が特に好んで見ていたテレビ番組。そういう、前夫にまつわる全てのものが恐怖の対象になる。見ると体が勝手に反応して、除けよう避けようと動いてしまう。
 こういう想いを神経科に通院することでなくすことはむつかしい。多分、多くの被害女性が、立ち直れないまま苦しみながら生活している。それは果てもなく長い期間にわたるのだろう。
 C-PTSDという病名は、裁判所に対し被害女性の傷を知らしめる役割とともに、被害女性には「あなたはこういう状況だから、前向きに考えにくいかもしれない。でもそれば病気だからだ。やってみよう」と励ますための、必要欠くべからざるツールなのだ。【了】

パブリック・ジャーナリスト 広觜志保子


※ DVの本質は、本来対等であるはずの男女(夫婦間、交際者間)の関係に、上下の関係、支配と従属の関係を成り立たせるためにパワー(力)を行使することですから、”関係性”で理解する必要があるわけです。つまり、「上にたとう(支配しよう)とする者」と「下におかれる(支配され、従属させられる)者」という”関係性”であることから、①カテゴリー[Ⅲ-2]「Ⅰ-3.DVは、夫婦の関係、親子の関係になにをもたらすか(1)-(6)」、②「Ⅲ-2」「Ⅰ-4-(2)デートDVから結婚に至る経緯」に目を通していただければ、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(配偶者暴力防止法、いわゆるDV防止法)」第二条の三にもとづいて作成される「都道府県(市町含む)基本計画」の中で「対象とする暴力として、身体的暴力、性(的)暴力、精神的暴力、経済的暴力がある」との記載が意味するものについて理解を深めていただけると思います。
 そのうえで、本記事のテーマ、相反する拒絶と受容のことばやふるまいを繰り返されることにより思考混乱をおこし、暴力の恐怖により機嫌を損ねないように意に添うようにふるまうなど、暴力に順応することで生活を続けざるをえなくなった、つまり、暴力のある環境で生活を続けること=マインドコントロール下におかれてきたのかを理解していただくには、加害者特性の理解、つまり、DV加害者がどのようにふるまうのかを理解すること、その支配するための暴力により、被害者はどのような“負”の思考パターンに陥っていくことになるのかを理解することが大切です。
 そこで、③カテゴリー[Ⅲ-6]「Ⅳ-24.DV加害者に共通する行動特性」に目を通していただき、その中で説明している「感受性訓練に似通った言動パターン」を頭に入れて、④カテゴリー「Ⅲ-2」「Ⅰ-5.被害者心理。暴力で支配、マインドコントロールされるということ」に目を通していただくことによって、“人との関係性”のいう捉え方でDVを認識することがいかに重要なことなのかを理解していただけると思います。
 また、生活を共にしていた交際相手(元を含む)、あるいは、配偶者からの暴力から逃れるために女性センターや警察を通して施設への一時保護を求めたリ、地方裁判所に保護命令の発令を申立てたりすることについては、⑤カテゴリー「Ⅲ-6」「Ⅳ-21.一時保護の決定、保護命令の発令。「身を守る」という選択」で、さらに、⑥「婚姻破綻の原因はDVにある」として、家庭裁判所に離婚(夫婦関係調整)調停を申立てるときには、「Ⅳ.「婚姻破綻の原因はDVにある」ときの離婚(21-26)」において、DV事件特有の問題、そして、それに準じた考え方の重要性などを理解していただけると思います。
 加えて、暴力のある家庭環境で子どもを育てることは、面前DVとして、「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」では“精神的虐待”とみなされることから、暴力のある家庭環境で育ち、再び、交際相手や配偶者から暴力を受けることになった被害者も併せて、⑦「Ⅲ-2」「Ⅰ-1.虐待の発見。DV家庭における子ども」、「Ⅲ-4」「Ⅱ.暴力のある家庭で暮らす、育つということ(6-12)」において、子どもへの心身への影響についての理解を深めていただければと思います。
 なお、「DV被害支援室poco a poco」では、DV被害者支援として、ア)女性および母子への暴力・DVへの相談、イ)「婚姻破綻の原因はDVにある」とする離婚調停に向けての支援、ウ)暴力(「暴力のある家庭環境で育った」を含む)で傷ついた心のケアをおこなっています。最初に、カテゴリーⅠ「はじめに」に目を通していただければと思います。




もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-2]<DV(離婚後のストーカー行為含)>新聞事件簿。身近な女性を救おう!
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<PJニュース>DVの最新事情-払われない慰謝料】へ
  • 【<産経新聞>「もっと働けクズ!」殴る蹴る 妻から夫へのDV多発】へ