あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-2]<DV(離婚後のストーカー行為含)>新聞事件簿。身近な女性を救おう!

<毎日新聞>放火 元夫、看護師の部屋に 逃走途中に転落し死亡

 
 <神奈川新聞>DV相談の女性殺害容疑で同居男を逮捕、高津署「対応は適切だった」 <産経新聞>なぜ虐待死は防げないのか(5) そのとき地域は・・通報への「迷い」乗り越えて
毎日新聞 9月23日(木)20時53分配信

 23日午前5時半ごろ、鹿児島市中央町の8階建てマンション最上階にある女性看護師(51)の部屋で、ベランダから侵入した自営業の男(58)がガソリンとみられる液体を室内にまいた。看護師は玄関から逃げ出して無事だったが、直後に出火し室内の20平方メートルを全焼した。男は、家庭内暴力が原因で昨年離婚した看護師の元夫で、マンション3階の踊り場で頭などから血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認された。
 鹿児島西署によると、マンション8階から屋上付近の配管部分などに手などの跡が残り、屋上から看護師の部屋まで垂らされたロープが残っていた。同署は男が配管を伝って高さ20メートル以上あるマンションの屋上までよじ登った後、ロープを伝って屋上から看護師の部屋のベランダに侵入したとみている。
 男が侵入した時に看護師は起きており、男がペットボトルに入れた液体をまくのを見て逃げ出したという。
 同署は、放火後、男が侵入時とは逆のルートで再び配管を伝って逃げようとした際、誤って転落した可能性が高いとみて調べている。男の死因は出血性ショック死だった。
 同署は、男を容疑者死亡のまま現住建造物等放火容疑で書類送検する方針。
 女性看護師は離婚後もつきまとわれたため、警察に相談。同署は今年1月と3月に男を呼び出し、面会を強要したり、つきまとわないよう口頭で警告していたという。【黒澤敬太郎】



もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-2]<DV(離婚後のストーカー行為含)>新聞事件簿。身近な女性を救おう!
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<神奈川新聞>DV相談の女性殺害容疑で同居男を逮捕、高津署「対応は適切だった」】へ
  • 【<産経新聞>なぜ虐待死は防げないのか(5) そのとき地域は・・通報への「迷い」乗り越えて】へ