あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-1]<DV・虐待・性暴力被害データ。支援・対応の現状>新聞事件簿。

<西日本新聞>性的な関係や裸の写真を要求…SNS犯罪に遭う少女急増 つらい思いをしているあなたへ

 
 平成29年。活動10年、「節目の年」に 
5/17(水) 11:26配信

 ツイッターや「ぎゃるる」、LINE(ライン)など、インターネットの会員制交流サイト(SNS)を通じて犯罪被害に遭う子どもが増えています。警察庁は先月、こうした交流サイトの2016年の被害者が過去最多の1736人だったと発表しました。ほとんどが13~17歳の少女で、性的な関係や裸の写真を要求されるなどの被害でした。こうした状況に心を痛め、どうすればいいか一緒に考えようとする大人もいます。電話で相談に乗っている「チャイルドライン・もしもしキモチ」(福岡市)の山田真理子さん、「性暴力被害者支援センター・ふくおか」(同)の浦尚子さんが、つらい思いをしているあなたに手紙を書きました。

一緒に社会を変えたい 「居場所」はありますか
▼チャイルドライン・もしもしキモチ 山田真理子さん
 SNSには、クラスの友だちよりずっとあなたのことを分かって味方になってくれる人が、たくさんいると感じるよね。あなたが毎日生活している学校にはあなたに合った居場所がなくて、学校用の自分を演じ続けることに疲れたとき、SNSでは自分の本音を吐き出せるし、ちょっと盛ることだってできるから楽だよね。
 あなたが本音の自分で生きにくくなってしまったのはいつからだろうね。そんな毎日に疲れてしまうのは、当たり前で、あなたが悪いわけではないと思う。でも、あなたは大事な人。一つしかない命を生きている大事な存在。私たちはそう思います。
 SNSにはそんなあなたを商品としか見ない大人、そしてあなたの身体をおもちゃとしか見ず、お金や食事、甘い言葉さえ投げかければどうにでもなると思っている大人たちも、わなを張っています。
 周りを見てください。あなたの周りには、あなたたちが生きにくい世の中であることを分かっていて、一緒に変えていきたいと思っている大人もいっぱいいます。でも、「子どもたち一人一人が自分らしく生きられる社会」をつくっていくには、あなたたち自身の力が必要なのです。
 あなたの力を貸してください。もっと学校がどうあってほしいのか、もっと家族にどう分かってほしいのかを教えてください。同じ時代をあなたと一緒に生きていきたいと願っている大人たちに。

勇気出して相談しよう 自分責める必要ないよ
▼性暴力被害者支援センター・ふくおか 浦 尚子さん
 ツイッターやLINEなどに気軽にアクセスするって、他の子もみんなやっているよね。大人が言うほど「キケン!」なんて思わなかったんだよね。
 最初は普通の人だと思ったのに、今は怖くなって、どうしていいのか分からず、1人で悩んでいるのではないですか。思っていたのと違うことが起きて、何となく心がもやもやして。
 でも「自分のせいだから」って思ってはいませんか。そういうことが起こったのは、あなたのせいではありません。悪いのは相手です。自分を責める必要はないですよ。
 けがなどしていませんか? 不安で眠れなかったり、食欲がなかったり、学校に行けなくなったり、何だか今の自分は以前の自分と違うような気がしていませんか? 相手からまだスマホに連絡が入っていたりはしないですか? それとも、相手とはもう連絡が取れない状態でしょうか?
 そんな時にまずは自分で解決しようと思うのは当たり前です。でも、どうしていいか分からなくなったとき、大人の力を借りてみるというのはどうでしょう。
 誰かに相談するのはとても勇気がいることだと思います。実際に相談したけど、かえって傷ついたこともあるかもしれませんね。でも、どんな小さなことでもいいので私たちに話してみてください。どうしたらいいか一緒に考えましょう。
 秘密は守ります。勝手に親や先生に言いません。女性の相談員が、24時間毎日お電話を待っています。

チャイルドライン・もしもしキモチ
0120-997777
mosi2kimochi@beach.ocn.ne.jp

性暴力支援センター・福岡
092-762-0799


*「性的な被害を受けている子どもたち」になげかける重要な告知記事なので、望まない性行為を強要(避妊に応じない、嫌な行為を強要する、レイプなど)されている子どもたちの相談先(性暴力被害ワンストップセンター)を加筆し、しばらくの期間、トップに掲載します。
DV被害支援室poco a poco 庄司薫

・SACHICO(サチコ)(性暴力救援センター・大阪) 072-330-0799
・SARC(サーク)とうきょう(性暴力救援センター・東京)03-5607-0799
 *「女性専用」の性暴力被害ワンストップセンターで、24時間、研修をつんだ相談員が電話対応している。また、被害直後に必要な医療や法律のサポートを受けられるかどうかは確認してください。
・レイプクライシスセンターTSUBOMI(ツボミ) 03-5577-4042(月曜-金曜 午後2時-午後5時)
 *10代専門の性に関する相談窓口
・サチッコ 06-6632-0699 (水曜~日曜 午後2時~午後8時)
・性暴力被害者支援センター北海道 SACRACH(さくらこ)  http://sacrach.jp/
・SACRAふくしま  http://www.vsc-fukushima.net/sacra
・レイプクライシスセンターTSUBOMI(東京)  http://crisis-center-tsubomi.com/support.html
・ハートフルステーション・あいち  http://www.pref.aichi.jp/police/soudan/heartful/
・性暴力救済センター・ふくい(ひなぎく)  http://www.fukui-saiseikai.com/image/top/hinagiku.pdf
・性暴力被害者総合ケア ワンストップびわ湖(SATOCO)(滋賀)  http://satoco3105biwako.jimdo.com/
・性暴力救援センター和歌山 わかやまmine  http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031501/mine/index.html
・性暴力被害者支援センター・ひょうご  http://1kobe.jimdo.com/
・しまね性暴力被害者支援センター(さひめ) http://sahime.onnanokonotameno-er.com/
・性暴力被害者支援センター・ふくおか  http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/seibouryokuhigaisha-shien.html
・性暴力救援センター・さが さがmirai  http://www.avance.or.jp/mirai.html
・強姦救援センター沖縄(REIKO)  098-890-6110(水:19:00-22:00 土:15:00-18:00
・社団法人被害者サポートセンターおかやま(VSCO)  http://vsco.info/seihigai1301.html
<性犯罪被害者への支援における協力病院>
・神奈川  http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/715418.pdf
・福島  http://www.vsc-fukushima.net/sacra
<性的搾取被害者の救済>
・特定非営利活動法人 人身取引被害者サポートセンター「ライトハウス」 0120-879-871(月-金 10:00-19:00) soudan@lhj.jp




もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-1]<DV・虐待・性暴力被害データ。支援・対応の現状>新聞事件簿。
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【平成29年。活動10年、「節目の年」に】へ