あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?

[Ⅶ-3]<デートDV。ストーキング・リベンジポルノ>新聞事件簿。嫉妬・執着

<宮崎日日新聞>「闇を抱えた恋人たち 県内のデートDVの現状」中・若者の恋愛観

 
 <宮崎日日新聞>「闇を抱えた恋人たち 県内デートDVの現状」下・被害防止 <宮崎日日新聞>「闇を抱えた恋人たち 県内デートDVの現状」上・癒えない傷
宮崎日日新聞
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=11263&catid=282

●自分飾るステータス
 自分が自分らしく生きること—。恋人から過度な束縛や暴力を受けるデートドメスティックバイオレンス(DV)の被害者にとっては、そんな当たり前のことさえ日常的でなくなってしまう。
 県央部の20代女性は、幼なじみの男性と食事したことをきっかけに、恋人から携帯電話の発着信履歴チェックや「今からお風呂に入る」などの行動報告を求められるようになった。監視の目は今も厳しい。ストレスや圧迫感を抱えつつも「別れたくないし、彼に心配をかけた自分が悪い」と、恋人の機嫌をうかがいながら交際を続けている。

 デートDVの種類には「身体への暴力」のほか、相手に嫌な言葉をかけ続けるなどの「言葉の暴力」、相手の言うことを認めず、行為を細かくチェックする「心への暴力」、性行為を強要し、避妊に協力しない「性的暴力」、いつも金銭を支払わされるなどの「経済的暴力」がある。
 いずれも根底に、恋人を自分の所有物のように思い込むゆがんだ支配欲がある。配偶者間のDVに比べ、若い世代が中心のデートDVには女性が加害者となる事例も珍しくないという。コミュニケーション能力が低下したといわれる中、恋愛という一対一の濃い人間関係をつむぐ若者たち。県内でデートDVに唯一取り組む市民団体「ハートスペースM」が開く高校でのデートDV講座終了後、生徒が感想を書くアンケートには、その恋愛感が透けて見える。
 「束縛されるのは好き。束縛してくれないと本当に自分のことが好きなのか不安になる」「友達の中では、ほかの男子とメールや電話をすることは浮気で、異性とかかわらないことがいちずな恋というのが常識」

 若者の間では「恋人がいる」ことが一種のステータスであり、恋人は自分を肯定してくれる存在ともいえる。
 県内の女子生徒(18)は「彼氏がいることもだけど、友達に『彼氏かっこいいね』とか言われたり、街を歩いていてほかの人が彼氏を振り返ったりすると優越感を感じる。少し嫌なことをされても我慢できるよ」と屈託なく笑う。
 デートDVが起こる背景について、ハートスペースMの財津三千代代表理事は支配欲のほか、「男らしさ」「女らしさ」に象徴される男女の役割に対する固定概念や、社会の暴力容認姿勢を挙げる。
 若者たちの恋愛観に危惧(きぐ)を抱きつつ「デートDVの被害者には特徴はなく、誰にでも起こりうること。被害に気付いたら、とにかく一度距離を置いて考えてほしい」と警鐘を鳴らしている。
(2008年9月19日付)




もくじ   3kaku_s_L.png   [Ⅶ-3]<デートDV。ストーキング・リベンジポルノ>新聞事件簿。嫉妬・執着
FC2 Blog Ranking
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【<宮崎日日新聞>「闇を抱えた恋人たち 県内デートDVの現状」下・被害防止】へ
  • 【<宮崎日日新聞>「闇を抱えた恋人たち 県内デートDVの現状」上・癒えない傷】へ