更新履歴

さわりを読むをクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼
2009 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 02

【  2010年01月  】 

前月     2010年01月       翌月

<特設>東北地方太平洋沖地震..哀しみと復興、あなたとともに。2011.3/27

[Ⅰ-N] お知らせ(はじめに、ブログ構成と意図、他)

2010.01.01

  2011年3月11日14:46、宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」が発生しました。その後、二波、三波と繰り返しおしよせた15~20mを超える大津波は、町ごとのみ込み、数万人の尊い命を一瞬で奪っていきました。 被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。 被災地で復興に向けて立ちあがり必死に頑張っている方々、被災地を離れ...全文を読む

DV被害支援室poco a poco庄司薫、活動の歩み (平成27年7月27日更新)

[Ⅰ-I]活動方針、DV・性暴力事案の問合せ・相談方法など

2010.01.01

 (主な活動) DV被害支援室poco a pocoでは、「ひとりでも多くの子どもたちが、家庭内で、DVを目撃する(面前DV)などの暴力で傷つかないようにしたい」との考えのもと、つまり、「暴力のある環境に順応した考え方の癖の修正を踏まえながら、離婚調停などでDVを立証するために、現在に至る事実経過をまとめる」などの活動をおこなっています。 そこで、DV被害支援室poco a pocoにおけるDV被害者支援は、DV被害による...全文を読む

<勉強会参加・研修>DV被害者、被虐待児童支援施設の職員向け、小学校の教職員向けの研修・セミナーを希望される方、企業としてDV問題をコンプライアンスと捉え対策をお考えの方へ。

[Ⅰ-I]活動方針、DV・性暴力事案の問合せ・相談方法など

2010.01.01

  DV被害支援室poco a pocoでは、①DV被害者、被虐待児童支援施設(児童相談所・緊急一時保護施設など)に従事している職員向け、または、②DV・暴力のある家庭環境から登園・登校する被虐待児童を抱える保育園、小学校に従事している保育士、教職員向け、さらに、③DV問題をコンプライアンスの問題と捉えている企業の社員向けの勉強会への参加、出張研修・セミナーを承ります。 話を聴いてみたいと思われる職員や教員の方、企...全文を読む

<DV・性暴力被害相談。メール・電話、面談>Ⅲ.「暴力のある家庭環境で育ち、ずっと生き難さを感じていた」「心療内科(精神科)を受診しているが、心内をうまく話せない」「診療時間が短く、話したいことも話すことができず、疑問点などが解消できない」という悩みを抱えている方へ**

[Ⅰ-I]活動方針、DV・性暴力事案の問合せ・相談方法など

2010.01.01

 ** 「私は、こういった傾向や症状を苦しみ悩んできましたが、それは、育った家庭環境が影響しているのでしょうか?」、「ずっと、厳しく育てられてきたと思ってきましたが、親のこうしたふるまいは、暴力(虐待)にあたるのでしょうか?」といった疑問に対してもお応えしています。 配偶者や交際相手、親から暴力を受けた被害者の心のダメージは、「時間がすべてを癒してくれる」とか、「暴力のあるかかわりを断てば、すぐによい方...全文を読む

<DV・性暴力被害相談。メール・電話、面談>Ⅱ.離婚調停で、DVのことを理解してもらえず、どうしたらいいのかわからないので、離婚調停に向けてのサポートを希望される方へ

[Ⅰ-I]活動方針、DV・性暴力事案の問合せ・相談方法など

2010.01.01

 * 「Ⅰ.夫からの暴力にもう耐えられないので、「話を聴いて欲しい」「どうしたらいいのか相談にのって欲しい」、または、「確認のための質問をしたい」という方へ」に準じた問合せ・相談を経て、「Ⅱ」のステップに進んでいただきます。 「婚姻破綻の原因はDVである」として、離婚調停で、DVを立証するために「現在に至る事実経過」をまとめるサポートは、パソコンで「ワークシート(Word文書)」に“なにをされてきたのか”“...全文を読む

<DV・性暴力被害相談。メール・電話、面談>Ⅰ.夫からの暴力にもう耐えられないので、「話を聴いて欲しい」「どうしたらいいのか相談にのって欲しい」、または、「確認のための質問をしたい」という方へ

[Ⅰ-I]活動方針、DV・性暴力事案の問合せ・相談方法など

2010.01.01

 *「Ⅱ」の離婚調停に向けてのサポートを希望しているけれども、返信・回答の文面を見てから判断したい」という方も含みます。 ①夫は子どもの勉強をみているときに、「このバカ! こんな問題どうしてできないんだ」と怒鳴り声をあげたり、手をあげたりしている。私が「そんなに怒らなくとも・・」と口を挟むと、「お前がちゃんとしていないからだ!」と何時間も怒鳴られ、罵られることになるから、怖くて「止めて」といえない。子ど...全文を読む

<DV・性暴力被害相談。メール・電話、面談>..問合せ・相談、サポートの依頼。最初に確認ください。

[Ⅰ-I]活動方針、DV・性暴力事案の問合せ・相談方法など

2010.01.01

  DV被害支援室poco a pocoでは、「ひとりでも多くの子どもたちが、家庭内で、DVを目撃する(面前DV)などの暴力で傷つかないようにしたい」との考えのもと、暴力のある関係性を断ち切り、生活の再構築を望んでいる被害女性の方たちのサポートとして、「暴力のある環境に順応した考え方の癖の修正を踏まえながら、離婚調停などでDVを立証するために、現在に至る事実経過をまとめる」など、DV被害者支援に携わっています。...全文を読む

ブログの構成と意図② 第七部-新聞事件簿(カテゴリー「Ⅶ1-Ⅶ22」) *2017.3/7更新

[Ⅰ-N] お知らせ(はじめに、ブログ構成と意図、他)

2010.01.01

 第七部 新聞事件簿(カテゴリー「Ⅶ1-Ⅶ22」) ブログ「面前DVの早期発見・早期支援。あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか*」における「第七部 新聞事件簿(カテゴリーⅦ1-22)」の位置づけは、ブログの“礎”となる『DV被害者支援、1年間の記録。ドキュメントDV。恐怖で家に縛られ、卑下・侮蔑された11年(カテゴリー「Ⅱ」)』、『暴力の影...全文を読む

ブログの構成と意図-主要記事一覧-(2016.5/21更新)

[Ⅰ-N] お知らせ(はじめに、ブログ構成と意図、他)

2010.01.01

  ブログ『DVの発見は虐待の発見。あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?』は、DV被害支援室poco a pocoとしての活動で蓄積された情報をナレッジとして公開すること、加えて、補完する情報を公開することを目的に、次のような“七部構成(カテゴリー53構成)”になっています。第一部(Ⅰ) お知らせ。活動方針、問合せ・相談方法などⅠ-N お知らせ(...全文を読む

はじめに

[Ⅰ-N] お知らせ(はじめに、ブログ構成と意図、他)

2010.01.01

 <はじめに..>  訪問いただき、ありがとうございます。  さて、ブログ『面前DVの早期発見、早期支援。あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?*-1』は、<小説用のテンプレート(パソコン用のブログ画面)>を使用しています。しかし、掲載記事は「小説」ではなく、「DV被害支援室poco a poco」の実際の活動*-2、つまり、「ひとりでも多くの...全文を読む

平成29年。活動10年、「節目の年」に

[Ⅰ-N] お知らせ(はじめに、ブログ構成と意図、他)

2010.01.01

  人事・組織コンサルタントとして、企業のパワーハラスメントやセクシャルハラスメント対策にとり組む一方で、被害女性に対するカウンセリング、暴力のある家庭環境で育った被害女性(ACで、生き難さを抱える人たち)に対するカウンセリングをおこなう中、平成16年の改正「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」により、「子どもが、両親間のDVを目撃すること(面前DV)が、精神的虐待になる」と明記された2年後の...全文を読む

2009年12月     2010年01月       2010年02月

Menu

プロフィール

DV被害支援室poco a poco 庄司薫

Author:DV被害支援室poco a poco 庄司薫
 ブログ『面前DVの早期発見、早期支援。あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?』は、<小説用のテンプレート(パソコン用のブログ画面)>を使用しています。しかし、「小説ブログ」ではなく、「DV被害支援室poco a poco」の活動、つまり、つまり、「ひとりでも多くの子どもたちが、家庭内で、DVを目撃する(面前DV)などの暴力で傷つかないようにしたい」との考えのもと、暴力のある関係性を断ち切り、生活の再構築を望んでいる被害女性の方たちのサポートとして、「暴力のある環境に順応した考え方の癖の修正を踏まえながら、離婚調停などでDVを立証するために、現在に至る事実経過をまとめる」など、DV被害者支援に携わっている活動状況を主要記事として公開しています。
 また、「いま必要な情報を、ひとりでも多く、情報を必要としている人に届けたい」との思いで、DVと密接な関係にある虐待、性暴力、そして、これらの暴力による後遺症としての心の問題にかかわる情報(論文、新聞や雑誌の記事などを含む)を提供しています。

* 問合せ・相談、支援(サポート)の依頼については、カテゴリー「Ⅰ-I. 活動方針、DV・性暴力事案の問合せ・相談方法など」にて確認ください。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

Graphical Clock 黒板

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

月と星と妖精ダストのブログパーツ

検索フォーム

QRコード

QR